たけのこ

  そろそろ筍が出ている頃だと思い山をみにいきました   猪が食べ残しているのが少し出ていました   出かたから見ると今年は当たり年のようです   少し採ってきて今夜のおかずにしましょう   黒、白、茶色と筍と同じ色の犬です   暖かくなったのでフィラリアの薬をもらいに行ったら、…
コメント:0

続きを読むread more

梅もどき

  越前は桜も終わり、家の梅もどきも咲きました   急に暖かくなって、つい最近まで冬物だったのに、靴下も暑くて、   半袖Tシャツになってしまいました   三好は東京から帰ってずーっと茶碗を作っていましたが、このところは   タタラの皿を作っています   私はこれから粘土つくりです   毎…
コメント:0

続きを読むread more

東京日記 ジャズライブ

  7日土曜日は子供のときからの友人でジャズ歌手の吉野美智子さんのライブ   を聞きに沼袋のライブハウスへいきました   ちょうどその日は沼田の友人達と会うことになっていたので、皆で行きました   みッちゃん、美智子さんは小1のときからの友達で個展にもよく来てくれます   一度ライブに行きたかったので…
コメント:0

続きを読むread more

東京日記 鈴木五郎の店

  2007年の十日町の妻有焼の時に五郎の店の今田さんと知り合いました。   五郎の店を始めた話や、ネットで世界に売っている話など聞いて面白かったのです   一度行ってみたいと思っていましたが、なかなか行くことが出来ず、今回は近くに泊るので   ぜひ、と思っていたら鈴木五郎の個展の案内が届き、   も…
コメント:0

続きを読むread more

東京日記 トイレ話 2

  6日金曜日はお昼から友達と会って麻布のほうのギャラリーをみにいきました   裏通りを歩いていたら、永平寺の東京のお寺で長谷寺を見つけました   枝垂れさくら、木瓜、椿と満開で素敵なお花見スポットでした   そこから骨董通りを抜け、炎色野へ帰り、友人を送って交差点までいき、      別…
コメント:0

続きを読むread more

東京日記 トイレ話 1

  5日も上野へ   東新宿から大江戸線で御徒町へ出て上野公園へ行きました   朝からお花見の場所取りの人がいます   一年中ブルーシートの人もいます   国立科学博物館は新しくなっていて、開演前にひとが少し     並んでいました   開園になり2列で館の中に入っていき、すぐにエスカレーター…
コメント:0

続きを読むread more

東京日記 2 お墓参り

  4日の日は入谷の墓地に陶磁朗の編集長だった入澤さんのお墓参りに行きました   3年前にお亡くなって、お葬式にもいけなかったので一度お墓参りに行けたらと   思っていました   お墓の番地みたいなものは聞いていたのですが、そこには見当たらなくて   知っている人に電話してもつながらず、まあここまで来たん…
コメント:0

続きを読むread more

東京日記 1

  四月三日からの個展で、朝一番に新宿の柿傳ギャラリーで唐津の中里太亀さんの   個展を見てから炎色野へ   炎色野が12時始まりなので午前中が使えます。   私はフリーなのでお散歩です   炎色野から青山に向かうと、青山学院の門のところがにぎやかで、入学式です   順番に写真を撮っています …
コメント:0

続きを読むread more

炎色野個展 終わりました

  炎色野の個展が無事終了いたしました   おいでいただきましたお客様、誠にありがとうございました。   世界的にやきもの好きの日本人がこわれてきています   やきものを扱うギャラリーが少なくなり、デパートには美術画廊がどん…
コメント:0

続きを読むread more

陶芸館

  陶芸館の月ごとの作家紹介の展示の当番の飾りつけをしてきました。   陶芸館が3年前にリニュアルして、ロビーでの展示が始まりました。   毎月一人づつなので忘れた頃に当番が回ってきます   ウィンドウが4つですが、庭に面した大きなガラスの前なので気持ちのいいところです    …
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ炎色野で個展です

       個展のDMです   今回はギャラリーの希望で古越前です   推薦文を元陶磁朗の編集の坂井さんが書いてくださいました     古越前を好きだと知ったのは、三好建太郎のお陰だ。備前、信楽、丹波は、     自分なりに思い浮かべられ…
コメント:0

続きを読むread more

食器

  炎色野に出す食器を荷造りしました。   ずーッとどうしたものかと思っていたのですが、食器をバラで出すことにしました   近頃は家族も減って、5枚組がいらなくなりました。   バラでと言われても、一枚売れて残ったらどうしよう、とか箱はどうするの   とか、悩んでいましたけど、ご時世にか勝てません …
コメント:0

続きを読むread more

木村盛和先生

  9日 金曜日 京都髙島屋に木村盛和先生の個展を見に行ってきました。   先生は90歳ですごい仕事をしています。   無駄のないかたち、一つずつ全部違う耳、鉄釉の輝き、独自の世界です   このお年で、京都髙島屋の画廊2面使った広いスペースはすごいです…
コメント:0

続きを読むread more

陶説に載りました

 日本陶磁協会が発行している「陶説」という雑誌があります。   そこの関西の陶芸展という欄に京都髙島屋の個展の評論を載せていただきました。   陶説は地味ですが中身の濃い雑誌です      ものつくりは孤独な作業です   毎日、作っていますがこれでいいのかどうか不安もあります   …
コメント:1

続きを読むread more

古越前

  四月3日から渋谷の炎色野で個展です   今回初めてですが、古越前で、と言われたので思いっきり壷で遊んでみました   小さな作品が多いですが、出来上がりがいいです   蹲や小壷は中からの広がりを感じさせて、実際より大きく見えるものがいい   と言います      酒呑は今…
コメント:0

続きを読むread more

菊池智美術館

  東京での午後は菊池智美術館に金重有邦さんの展覧会を見に行きました   虎ノ門で地下鉄を降りて地図どおり歩いたつもりが違っていて、ホテルオークラの中で聞   いたら、エレベーターで5階まで行き正面玄関から出て、と言われ素通りでしたがホテル   オークラを見てきました   3時から、有邦さ…
コメント:0

続きを読むread more

三井記念美術館

  徳澤先生の個展を拝見した後で、隣の三井記念美術館に行きました   先生から招待券をいただき「茶会への招待」展を見てきました   茶入もいいですが、茶碗がすばらしく、国宝志野茶碗 卯花がき                          長次郎、光悦、といいものが見られました   日本…
コメント:0

続きを読むread more

徳澤先生

  三好の師匠の徳澤守俊先生の古希の展覧会が日本橋三越の画廊で開かれています   土曜日に二人で行ってきました   会場に着くと、まだ早い時間なのにお客様がいっぱいいます   先生、奥様、息子さんの光則さんにお会いできました   写真は息子さんです   彼は三好が弟子入りした年に…
コメント:0

続きを読むread more

へうげもの

  京都の個展の飾りつけの日、五条のあたりを歩いていて、裏通りの古本屋さんで道を聞き    ました   面白そうな本屋さんだったので見ていたら、温かいお茶をご馳走になりました。   建が「へうげもの」を見つけて買いたい、というので8巻まで買いました   この本がきっかけで若い人がお茶や、やきものに興味を持…
コメント:3

続きを読むread more

8日 岐阜へ

  急に用事が出来、岐阜の髙島屋に車で行きました。   バイパスでそばまで行ったことはあったのですが、市内に入るのは初めてで   マピオンの地図をプリントして、交差点の名前を覚えて間違わないように、と知らないとこ   ろへ行くのはドキドキで面白いです。   早めに用事が終わり、気になっていた「開花亭」…
コメント:0

続きを読むread more